Muyu’s blog #1 (宮崎/高千穂)

横町の奥を歩いて、暖かい光を透した和風のれんをくぐった時、久しぶりの深夜食堂のようです。小林薫はカウンタの後ろに立って、微笑んでいます。ただ、このオーナーの顔には傷跡がありません。みんな、お休みなさい。いい夢を見てね。旅行物語。

高千穂 Click here for details.(Weiboログインが必要です。)