美味!宮崎産キャビア ~ふるさとに新名物を!~

キャビア

九州の南部、宮崎県。実に意外なものが生産量日本一になっています。それは、キャビア。 宮崎県は33年前からチョウザメの研究を進めており、現在は日本一のチョウザメ養殖産地となっています。そして、2013年11月、宮崎産のキャビアを発売しました。独自の製造法を用いた本格熟成キャビア。

その味は評判をよび、瞬く間に完売するほどの人気を集めています。そのキャビアの本格的な発売を機に、県や養殖業者は、欧州で「ロイヤルフィッシュ」と呼ばれ、高級食材として珍重されているチョウザメの魚肉を料理に活用。 官民一体となって様々な取り組みを行っています。 その活動は、地元の宮崎をはじめ、福岡や東京の飲食店でも宮崎産のチョウザメ料理が提供されるようになりました。

宮崎産のキャビア。そしてチョウザメ料理の数々を新しい宮崎の特産品にできるのか。さらに試行錯誤の上、出来上がった「キャビア寿司」とは?

ふるさとに新名物を生み出そうとする人々に学びます。

   
DATETIME (Universal Time Coordinated)
September 29, Thursday23:30-24:00
September 30, Friday5:30-6:00, 12:30-13:00, 17:30-18:00
   

Click here for details.