火山と共生する阿蘇地域で活躍する陶芸アートの世界

阿蘇坊窯

注)原文は投稿記事をご覧ください。
新華社


新華社東京9月26日(レポーター方艺晓)
取材内容:阿蘇坊窯


現在43歳の山下さんは九州阿蘇地区で唯一の陶芸家です。 彼の仕事場である“阿蘇坊窯”は静かに森林中にたたずみ、多くの陶芸作品が陳列されています。 彼の作品はすべて阿蘇山の火山の土を使い、1,200度の高温で焼きます。 山下さんは、これらの作品について、人々は自然そのものの火山の力を感じることができるといいます。

山下さんは日常の生活体験を通して、自分の感情を陶芸の中に注ぎ込み、彼の作品の多くは黒い石灰が基調で、元からある材質と形に忠実です。 現代人の生活は多彩で多様で、彼がつくる作品はひっそりとしていてこの通りだ。